専業主婦がカードローンを申し込む時の比較ポイント

専業主婦の間でも大人気のカードローンですが、専業主婦の場合は消費者金融の利用はNGで、銀行だけが利用可能となっています。
専業主婦が銀行カードローンを利用する上で、知っておきたいポイントをまとめてみました。

カードローンの基本として、本人に一定の収入があること、という申し込み条件があります。
この条件をみると専業主婦は借入れできないことになってしまいますが、実は一部の銀行カードローンなら利用可能となっています。
そのカギとなるのが総量規制という法律です。

総量規制は申込者本人の借入総額が年収の3分の1を超える借入れを不可とする法律です。

ただしこの総量規制の対象となるのは消費者金融や信販系といった貸金業者のみです。
銀行は総量規制対象外となるため、年収と関係なく無職の専業主婦でも借り入れできる可能性があります。
運転免許書
すべての銀行カードローンが専業主婦向けというわけではありませんので、商品概要などで専業主婦OKとなっているタイプを選んでください。

銀行が専業主婦の人向けに提供しているカードローンを利用するには、配偶者に定収入があることが前提条件となります。
専業主婦向けカードローンの場合は利用限度額もさほど高くありありません。
そのため所得証明書の提出は不要で申し込みができます。
また配偶者の同意書も不要なので、旦那に相談する必要もありません。
必要書類は運転免許証や健康保険証といった本人確認用の書類のみでOKです。

夫や家族にキャッシングの申込を知られるのが嫌だという人にもおすすめなのが銀行カードローンです。
インターネットやテレビ窓口を使って申込みすれば、スピーディかつ内緒でこっそり手続き可能です。

審査において夫の信用情報がチェックされたり夫の職場へ電話連絡がいくこともありませんし、審査通過後は振込融資や提携ATMを利用したキャッシングで手軽にお金を借りられます。

■夫に内緒で借りたい専業主婦におすすめのサイト
サイトタイトル:借入BEST※条件別で選ぶ!安心の大手カードローン徹底比較
URL:http://xn--best-4g7fn1e.net/
ノンバンクで借入したい方や働いていない主婦でも借りることができるカードローン会社はこちらで知ることができます。
キャッシング可能な金融機関だけでなく、旦那にバレることなく借りる方法が解説されているので、内緒で利用したい方必見です。